Honsekito

本関刀

  1. 本関刀

岐阜県関市の伝統産業である刃物は今から約800年前より当地で始まった刀匠による日本刀製作を起源としている。
最も盛んであった戦国時代には200名以上の刀匠が関市に住み、多くの銘刀が生み出された。明治の廃刀令以降は需要が減り現在は十数名が活動している。その技術は現代の刃物づくりに活かされ、包丁、ハサミ、ナイフ、カミソリなど世界的な刃物の産地を形成している。関市の刃物産業を広く海外に認知させることを目的とした、岐阜県の海外デザイナー招聘事業としてHonsekitoプロジェクトがスタートした。

ルイヴィトンやブルガリなど世界的なブランドのデザインを手掛けるアトリエ・オイ (atelier oï)。との連携により、外国人ならではの発想で日本刀を捉えることで、これまでにないシンプルでありながら繊細で且つ湧き上がる力強さを兼ね備えたデザインが出来上がった。刀匠の鍛錬や居合道に触れることで日本人の精神性も理解しデザインに反映させた。作刀を担当する二十六代藤原兼房の過去から現在、未来へと脈々と受け継がれていく精神をDNAの螺旋に見立てて拵えのデザインとし、柄頭から鍔、鞘、鐺まで金属で一連に繋がるように表現した。

デザインはスイスのアトリエ・オイ (atelier oï)。
刀は二十六代藤原兼房作。
鞘と柄の牛革は岐阜県産の飛騨牛革を使用。
鍔と螺旋の金属部分は銅を使用。

CASA GIFU Ⅱとしてミラノサローネで展示。

【お問い合わせ】http://www.hasegawacutlery.com/contact/

商品名 本関刀